デンタルローンという選択肢

subpage1

お口の中の病気というのは、虫歯や歯周病がありますが、どれも進行性の病気のため、一度かかってしまうと自然に治ることはありません。

削った歯は元の状態に戻ることはないので、詰め物や差し歯を入れなければいけませんし、抜けてしまった歯が再生されることもありません。削った際の詰め物や差し歯、抜けた際の入れ歯などの治療には健康保険を使うことができますが、最低限度の治療なので、見た目が悪いなどの問題があります。

保険外治療であれば、セラミックの素材を使うことで、本物のような歯に仕上げることができます。
入れ歯ではなくインプラントにすると、噛み心地も自然になります。しかし、保険外治療というのは治療費が数万円や数十万円という金額に達してしまいます。

livedoorニュース情報なら、こちらをご参考にしてください。

費用を考えると保険外治療を諦めるしかないと考える患者さんもいますが、高品質な治療を費用の面で諦めるというのは残念なことです。

デンタルローンの矯正情報があれば全てが解決します。

そこで、デンタルローンという選択肢があります。デンタルローンは、用途を歯科治療に限ったローンのことです。

デンタルローンの支払いにすることで、分割払いのような感覚で、一度に大金を用意することなく治療を受けることができます。



おまけに、普通のローンより金利が低く抑えられ、返済期間も長くなっているので、患者さんにとって使い勝手のいいものと言えるでしょう。
ただ、全ての歯科医院でデンタルローンを扱っているわけではいません。
支払の相談はスタッフにしてみましょう。

身に付けよう

subpage2

デンタルローンとは一言でいえば歯科治療費限定のローン制度のことです。信販会社が患者に代わって歯科治療費を歯科医院に立て替え払いし、患者は信販会社に対し治療費と手数料を分割払いしていきます。...

next

科学が気になる方

subpage3

歯列矯正やインプラントなど、歯の美しさと健康を保つために必要な歯科治療は、残念ながら公的な健康保険の対象とはなっていません。したがって歯科医院が独自に料金設定できる自由診療であり、費用はすべて自己負担となります。...

next

人に言いたい科学

subpage4

綺麗な歯にするためには審美歯科などで治療を受けることで可能です。しかし、審美を目的とした治療は健康保険の適応はされず、ほとんどの治療が自費治療となります。...

next

科学の秘訣

subpage5

生涯を自身の歯で過ごせることが理想と言えますが、しかし強い衝撃を受けることによる怪我や歯周病や虫歯などの病気は万全に対策を施していても防ぎきれるものではないため歯が抜け落ちることは起きます。歯が抜け落ちたままでは食べ物を食べたり言葉を話すときに支障が起きてしまうので、その問題を解消するために代わりとなる物を埋め込むことになります。...

next